旧鎌倉街道の旅
会津若松市門田町一ノ堰(旧一関)地区
門田(もんでん)の由来
 全国的に「かどた」と呼ばれ、鎌倉時代以降の領主や豪族の館の門前に位置する良田や直営田を指す。
一ノ堰 とは中世の頃(芦名時代)鎌倉街道、宇都宮街道と称され、関所が設けられていたことに由来する。